FC2ブログ

Mari's法律事務所(弁護士Mariのブログ)

弁護士芝田麻里の日々をつづります。感じたことなどいろいろ。法律に関する情報も発信していければと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業務報告(医療過誤事件)

計算はしましたよ~(逸失利益の)

まあ、始めてしまえばできるのです


で、今日は、カルテ解析中です。


カルテ解析っていうのは、

カルテを分析することによって、

→ どういう症状に対してどういう診断が行われ、

→ どういう治療が行われたのかを明らかにして、

→ その診断及び治療は適切だったのか否かを

明らかにする作業

というものなのですが、これがまた


医療専門用語のてんこ盛り


「意識晴朗」「眼瞼結膜貧血なし」

くらいならまだいいのですが、


「心窩部圧痛」(まだ分かるけど。「心窩部」とはみぞおちのことらしいです。)

「小脳回内回外試験正常」(ハイ?)

「上肢バレー兆候なし」

………


などなど、聞いたことない用語のオンパレード。


症状分析が終わったら、次は同じく医療専門用語のオンパレードの

診断やら、治療内容とかやらで…


まあ、でもね。


やりますよ


症状の分析が終わったら、事故当時の症状に対する治療の医療水準を

調査して、医療水準に見合った治療が行われたか否かをチェックです。


医療過誤事件の患者側の代理人として行うわけですから、

医療水準に見合った治療が行われなかったのではないか、

という仮説に基づいて調査を進めていくわけですが、しかし。


調査の結果、治療は適切なものだった、と出るかもしれない。


しかし。


患者の方あるいはご遺族の方の気持ちというのは、

真実を知りたい、

というところが大きいのだと思います。


まず、真実を明らかに。

次に、もし適切な治療が行われなかったのだとしたら

謝罪をしてほしい、損害を賠償してほしい、

という次の段階になります。


がんばります


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドメニュー

プロフィール

Mari

Author:Mari
弁護士 芝田麻里
株式会社 事業承継・M&A支援センター 代表取締役
一般社団法人 事業承継研究会 代表理事
事務所所在地 東京都中央区銀座5-10-6
事務所HPへはリンクからドウゾ!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。